Sponsored Links
Sponsored Links



Sponsored Links


婚約指輪(エンゲージリング)、ダイヤモンドのこと

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚


婚約指輪(エンゲージリング)と言えば、ダイヤモンド。

ダイヤダイヤモンドには4Cと呼ばれる世界的鑑定基準があります。

ぴかぴか(新しい)Carat カラット(重量)

ダイヤモンド・カラットとは、重さの単位です。1ct=0.2g

ダイヤモンド・カラット数が大きくなるほど、希少価値が上がり、1カラットあたりの単価も高くなります。



ぴかぴか(新しい)Cut ダイヤモンド・カット

ダイヤモンドの美しい輝きは、カットによって生まれます。

Excellent ・ Very Good・Good・Fair・Poor

5段階に分けて評価しており、最高評価がExcellentです。

Excellentの上には、Excellent Heart&Cupid
スコープで覗くと裏面にハート、表面には矢の模様が浮かび上がるダイヤモンド

その上には3Excellent Heart&Cupid
プロポーション(総合評価)、フィニッシュ(研磨状態)、シンメトリー(対称性)の3つの評価全てにおいてExcellent評価を得た大変希少なダイヤモンドです。



ぴかぴか(新しい)Color ダイヤモンド・カラー(色)
天然のダイヤモンドはカラーという鑑定基準で

無色(D)から薄黄色(Z)までの23段階に格付されています。

その中でも、無色とされ最も希少性が高いのが、Dです。

ピンクダイヤモンドやブルーダイヤモンド、バイオレットダイヤモンドなど

色がついているダイヤモンドはファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれ、

希少価値があり、高く評価されるダイヤモンドです。

ダイヤモンド・カラー
DEF・・・・・・・・・・・・・・無色
GHIJ・・・・・・・ほとんど無色
KLM・・・・・・・かすかな黄色
N〜R・・・・・極めて薄い黄色
S〜Z・・・・・・・・・・薄い黄色

ダイヤモンド・カラーは無色に近いものほど、高く評価されます。

婚約指輪(エンゲージリング)は、ほぼ無色である、D〜Fカラーをオススメします。



ぴかぴか(新しい)Clarity ダイヤモンド・クラリティ(透明度)

ダイヤモンドを10倍のルーペで見て
FL ・・・・・・・・・・・・・・・・内部・外部に欠陥が発見できない
IF ・・・・・・・・・・・・・・・・内部にはなく、外部に極微小な欠陥が発見できる
VVS1〜VVS2 ・・・・・・・内部、外部に発見困難な微小な欠陥がある
VS1〜VS2 ・・・・・・・・・小さな欠陥が発見できるが、発見は容易ではない
SI1〜SI2 ・・・・・・・・・・・容易に発見できる欠陥がある

I1〜I3・・・・・・・・・・・・・・ 肉眼でも発見できる欠陥がある


ダイヤモンドの「4C」は世界的な鑑定基準であり、
「4C」が一致したダイヤモンドは全て同じ品質です。
 GIA(米国宝石学会)基準をベースとしたAGL(宝石鑑別団体協議会)基準で
 厳正に鑑定されます。

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。