Sponsored Links
Sponsored Links



Sponsored Links


婚約(結婚)指輪はなぜ左手薬指

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
婚約指輪の由来は古代エジプト(指輪の発祥の地)。

左手の薬指は「指輪の指」といわれ、

またこの指の静脈は「愛の血管」と呼ばれました。

そしてそれは心臓につながっていると

信じられていたから婚約指輪は左手薬指なのです。



結婚指輪を日本ではマリッジリングと言いますが

正式にはウェディングリングと言います。

結婚指輪の交換の時、一度婚約指輪を外し

結婚指輪をはめて、その上から婚約指輪をします。

結婚指輪を婚約指輪で「永遠の誓い、永久の証」として鍵を掛けるのです。

結婚指輪、婚約指輪、常に2つの指輪をするのが一般的と言われます。

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*

古代西洋の貴族たちは、婚約指輪も権力と財産の象徴として

金のほか、カラーストーンを配した豪華なものを求めました。

婚約指輪の石に選ばれたのが、ルビーやサファイヤです。

赤いルビーは、「心臓の色」青いサファイヤは「天国」の象徴だったと言われます。

その後、輝きと硬さからダイヤモンドが使われるようになったのです。

古代ローマでは、指輪を約束を履行した証として利用したことが始まりと言われています。

神の前において、誠実と貞節の誓いとして結婚指輪が用いられるように

なりましたが、最初は鉄の強さとリングのエンドレスという意味があったのです。

                      --婚約指輪の歴史--
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。