Sponsored Links
Sponsored Links



Sponsored Links


婚約指輪の種類

婚約指輪の種類を見てみましょう。
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*

■婚約指輪 ダイヤモンドのセッティング

ぴかぴか(新しい)立て爪タイプ
ダイヤモンド、エンゲージリングと言えば、このデザインが代表的であり、一番ダイヤモンドらしいデザインともいえます。

文字通り、立てたつめによってダイヤモンドの石を留めています。

石に最も光を取り込むデザインで、輝きを一層放つようにセッティングされています。


ぴかぴか(新しい)フクリン留め(伏せ込み)
立て爪で留めるのではなく、ダイヤモンドの石を覆うように留めた
タイプです。
カジュアルなタイプですから、さりげなく常時身に着けていたいという人にはぴったりのリングです。

どんなファッションにも合います。カジュアル、スタイリッシュですが、フォーマルだって十分使えます。

昔のデザイン、立て爪タイプをリフォームして、このタイプにする人も多いですよ。利用度が断然多くなります。


ぴかぴか(新しい)パヴェ
パヴェはフランス語で石畳。アームに敷き詰められたメレダイヤモンドの輝きは、とても豪華です。一周したメレダイヤモンドは、
エタニティーリングと呼ばれ、永遠の愛を誓うものです。

パヴェリングは、メレダイヤモンドの品質と石留め技術によって
その輝きが決まります。
メレダイヤモンドのカラーやブリリアンスが優れていれば、見事に
輝くリングとなり、少し黄色が強くなると、沈んだ印象になることもあります。

石留めの技術でリングの良し悪しが決まります。メレダイヤモンド同士の隙間が少なく、ダイヤモンドの向きが流れるようであれば
輝きも滑らかで、美しいものです。


ぴかぴか(新しい)レール留め
2本の地金に石を挟み込んで留める方法。
エンゲージリングとマリッジリングを兼ねたタイプとしても人気がある。

他に、彫り留め・レール挟み留め・ドット留めなどがある。



■ダイヤモンドの基本デザイン
ぴかぴか(新しい)ソリティア
婚約指輪の定番でダイヤモンドの石が一つ付いているタイプです。ダイヤが最も美しく引き立つデザインで、ティファニー社が考案したスタイルとしても有名です。

ぴかぴか(新しい)モチーフ
ハートや、花、リボンなどをデザインにしたファンシータイプ。
女の子らしくかわいらしい印象です。

ぴかぴか(新しい)フクリン留め(伏せ込み)
石の周りを覆うようにして留める留め方でスタイリッシュ、カジュアルな印象。爪で服を引っ掛ける心配がなく、さりげなく普段使いしたい人にオススメです。

ぴかぴか(新しい)サイドストーン
中石の両脇にメレダイヤなどをあしらったデザイン。その数や形状でリングの印象が全く変わります。色石はピンクダイヤやブルーダイヤが人気。デザインによっては、ゴージャスなものにもなります。

ぴかぴか(新しい)パヴェ
アームにメレダイヤを敷き詰めたデザイン。見事な輝きでゴージャスな印象です。

ぴかぴか(新しい)メレ
0.02ct前後の小粒のダイヤモンド。サイドストーンやパヴェなどに使われます。

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。