Sponsored Links
Sponsored Links



Sponsored Links


プラチナジュエリー

.bmp
プラチナジュエリー
プラチナジュエリーは最低でも純度が85%以上あり、最も多く使われるのが純度90%です。

ゴールドジュエリーで使われるK18は、純度75%ですから、プラチナジュエリーの純度がいかに高いのかがわかります。
純度が高いプラチナは輝きが変わることがなく、日常生活でも変質、変色したりしにくいのです。
また、アレルギー反応を起こしにくい貴金属でもあります。そんな理由から医療分野にも使われ、ペースメーカーに使われています。
高密度なプラチナは磨耗しにくく、優れた耐久力があります。イギリスの   コイヌールダイヤモンドなど、有名なダイヤモンドの台座に使われています。宝石を永く留めておくことができるからです。
こんな優れたプラチナは、たいへん希少で、ゴールドの採掘量の1/30しかありません。
1トンの鉱石から3gのプラチナしか採れません。しかも2ヶ月もかかるのです。

金属アレルギーのある方は、エンゲージリング・マリッジリングをプラチナ、プラチナ台で作ってみてはいかがでしょう。“変わらない”という意味でもずっと着けていられるリングとなるでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。